いのちの電話

パートナーシップストーリー

ジョンソン&ジョンソンといのちの電話は,困難や危機にあってつらい思いをしている方を支援するために協働しています。

いのちの電話は、1953年に英国のロンドンで開始された自殺予防のための電話相談に端を発している。日本では1971年10月1日に開設され、発足以来45年にわたり、24時間休むことなくボランティア相談員が相談を受けている。この苦悩の多い時代に生きるものが、お互いに良き隣人となって、困難や危機にあって自殺などの精神的危機に追い込まれた方々に、ひとりひとりの命を大切にしましょうという思いで活動している。

わたしたちのプログラム

%s%sはこの原因に寄付されました。

投稿された写真

これまでたくさんの人々を助けた素晴らしい写真の一例をご紹介します

すべての写真を見る

いのちの電話に写真を寄付する 無償アプリで開始する